「うつ病で休職」は恐くない!

松田鬱男の休職・社会復帰ブログです。

【日常】通院とマスクの話

 2週間に1度の定期通院をしてきました。

 現在、トリンテリックスを固定して、その他の処方でイライラ感をおさえつつ睡眠の質の向上を図っています。連休前に限り1週間に1度変薬するなど色々試しているのですが、どうにも早朝覚醒が治らず、以前調子のよかった時期に服用していたサイレースを再度処方されました。レンドルミンと置き換えです。サイレースは依存性があるので主治医は避けてきましたが、それにも関わらず当時は1mg、今回は2mgですので奥の手なのかもしれません。

 睡眠以外の症状は全体的に上向いています。週末に感じた抑うつ感も一時的なものでしたし、イライラ感も随分おさまったことで、「この感じならリハビリ始めてもいいんだけどね」と嬉しい所見をいただきました。松田の会社は訓練もふくめた復職プログラムがありますので、このまま調子が良くなり続けたら前進できるかもしれません。しかし残念ながらコロナの渦中で社内外ともリハビリを行う余裕はありませんので、いまは休養に努めることとします。

 また、改めて「どのように過ごせばいいですか?」と尋ねたところ、やはり「のんびりしてください」とのこと。気分の波の下振れを小さくしていけるよう、「のんびり」「がんばらないをがんばる」ようにしていきたいと思います。

 

 ついでに通院の前後で、マスクの販売状況をみてまわりました。薬局やコンビニなど従来の販売店は相変わらず売り切れでしたが、煙草屋や居酒屋、衣料品店などでの販売が引き続き目立ちます。しかし、大分値崩れが始まっているようです。松田の住む地域ではつい先月は100円/枚 で行列ができていましたが、今日は歩きながら見た範囲での最安値が50円/枚 で投げ売りの雰囲気がありました。プレミア価格のマスクも通常ルートのマスクも需給バランスが落ち着いてきたのでしょう、従来の価格に戻るまであと一歩でしょうか。

 なお、転売ではなく、店の経営のためにマスクを販売される方を非難はしません。松田は家にストックがありプレミア価格では買えませんが、そういう経営努力をされた方がマスク在庫を抱えて赤字をふくらませることがどうかありませんように。

 

↓↓ 3度目の休職~まとめはこちら ↓↓